小学生・中学生・高校生の一貫総合予備校、クラ・ゼミ。

クラゼミ
header_img_03

小学生・中学生・高校生の一貫総合予備校、クラ・ゼミ。

クラゼミ
sp_menu_btn

各校舎からのお知らせ

浜松 三方原校

効率よい暗記のために

こんにちは、三方原校の本宮です。

中学生の皆さん、2学期期末テストに向けてのテスト勉強の真っ最中だと思いますが、効率のよい勉強は出来ているでしょうか。

「何回も書き取りしているのに中々単語が覚えられない」「歴史上の人物が出てこない」など、暗記で苦戦している人もいるのではないでしょうか。

今日はそんな皆さんに「効率のよい暗記方法」をご紹介します。

 

三方原HP

今回載せているのは「エビングハウスの忘却曲線」といって、ドイツの心理学者、 ヘルマン・エビングハウスによって研究されたものです。

この忘却曲線では、人は暗記した後に何もしないと、

 

20分経過で42%忘れる。

1時間経過で56%忘れる。

1日経過で74%忘れる。

1週間経過で77%忘れる。

1ヶ月経過で79%忘れる。

 

というデータが出されています。

ですが、図にもあるとおり、「復習」をすることでこの「忘却」を食い止めることが出来るのです。

 

では、日々の勉強でどのような工夫をすればよいかというと。

「暗記ものは朝やる」ことです。

朝起きて10分程度、その日覚える単語や漢字をメモに書き、その日一日それを持ち歩いてください。

そして、ふとした時に思い出してみてください。朝食を食べた後、学校に着いた時、お昼休み、放課後、帰宅して、晩御飯の後、寝る前等、朝覚えたものがきちんと覚えられているか確認してみてください。もし思い出せなければ、朝準備したメモを見て、確認してください。実はその一回一回が復習になるのです。

勉強は何も机に向かって行うものだけではありません。次のテストまでの限られた時間を少しでも効率よく使えるようにするため、是非試してみてください。

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top