小学生・中学生・高校生の一貫総合予備校、クラ・ゼミ。

クラゼミ
header_img_03

小学生・中学生・高校生の一貫総合予備校、クラ・ゼミ。

クラゼミ
sp_menu_btn

各校舎からのお知らせ

ノートの取り方

皆さん、こんにちは。
愛知三河エリアの田中です。
ところで皆さん、授業などのノートの取り方はどうしていますか?
ただ、単に先生が黒板に書いたものをそのままノートに写しているだけではないでしょうか?
それでは同じ授業を受けても差が出てしまいます。
板書したものをただ書き写しているだけでは書き写すという作業をしているだけで、なかなか脳に記憶が残らないのだそうです。
それでは、どうすれば良い結果に結びつくノートが取れるのでしょうか。
まず、板書を写す時に余裕をもって書いていき、空いているスペースにどんどん先生の話をメモしていくことです。ノートの真ん中に板書したものを書き、その両脇は先生の話しをメモするスペースにしておくのも良いでしょう。
しかし、先生の話をそのまま書いていると時間もスペースも足りません。ですから、要点を効率よくメモする事です。
授業はある意味一つのストーリーです。そう思うと、先生が授業中に言う、「だから、ようするに」とか「なぜなら、つまり、すなわち、しかし、ところが」などの接続詞に注意して聞いているとその後に要点を言っていることが多いです。その要点を板書を写したところに丸や矢印、色ペンなどで、メモしていくと良いでしょう。
それにプラスして、「なるほど」とか「なぜ?」「あとでチェック」というような一言、いわゆる、自分の感情や疑問をそこに書いておくと記憶に残りやすいそうです。
学校の授業でもクラゼミの授業や指導でも使えますよ。気になった方は一度やってみましょう。

アーカイブ

page_top