小学生・中学生・高校生の一貫総合予備校、クラ・ゼミ。

クラゼミ
header_img_03

小学生・中学生・高校生の一貫総合予備校、クラ・ゼミ。

クラゼミ
sp_menu_btn

各校舎からのお知らせ

仁和寺の法師

仁和寺にある法師、年よるまで岩清水を拝まざりければ、心うく覚えて、あるとき思ひ立ちて、ただ一人、徒歩より詣でけり。
極楽寺、高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。

さて、かたへの人にあひて、「年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ。聞きしにも過ぎて尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず。」とぞ言ひける。

少しのことにも、先達はあらまほしきことなり。

【現代語訳】

仁和寺にいた法師が、歳を取るまで岩清水(八幡宮)を拝みに行ったことがなかったので、残念に思っていましたが、ある日思い立って、一人で徒歩でお参りに行きました。極楽寺や高良などを拝んで、これでいいだろうと思って帰ってきました。

さて、友達に会って、「ずっと思っていたことを果たしてきました。聞いていた以上に尊かったです。そういえば、参拝している人たちは山に登っていましたが、何かあったのでしょうか。気になりましたが、神に参拝するのが本来の目的だと思って、山までは登りませんでした」と言いました。

ほんの些細なことであっても、先導する人がいるにこしたことはないなぁ。

 

さて、これは徒然草の一節、「仁和寺の法師」という話ですが…

ここに、「個別指導に来る意味、意義」が隠されていると思います。

 

皆さん、何のために塾に行きますか?

勉強がわからないから?それもあるでしょう。

じゃあ、勉強でわからない問題がなければ行かなくてもいいのでしょうか?

 

皆さん、高校受験(もしくは大学受験)は初めてですか?

大学受験は初めてではない人も多いと思いますが、少なくとも現役生の皆さんは初めてですよね。

どんな問題集を使って、いつまでに、どれくらいのレベルに力を引き上げていけば受かるかわかりますか?

 

わからなくてもそれは仕方ないかもしれません。初めてですから。

では、わからないまま勉強していくとどうなるか?

仁和寺の法師みたいに、とんでもなく見当違いのところに行ってしまう可能性もなきにしも非ず。

「こんなもんでいいかなぁ」とか言いながら、山の中腹で満足して帰ってしまうかもしれません。

では、どうすればいいのか?

わかる人に聞けばいいのです。

クラ・ゼミ個別指導に来ていただければ、あなたの目的に応じて、あなたにピッタリなルートを示しますよ!

まさに「先達」です!

 

さあ、受験という目的地に向かって、クラ・ゼミ個別指導で一緒に頑張りましょう!!

 

アーカイブ

page_top