小学生・中学生・高校生の一貫総合予備校、クラ・ゼミ。

クラゼミ
header_img_03

小学生・中学生・高校生の一貫総合予備校、クラ・ゼミ。

クラゼミ
sp_menu_btn

各校舎からのお知らせ

慣用句BEST5

皆さんこんにちは。愛知三河地区の田中です。

先日、あるテレビ番組で、入試や摸試で作文や小論文や面接などの採点を実際にしている人のインタビューがありました。その先生方曰く、「小論文や面接などでしっかり正しい慣用句を使っている人は印象度が高く、点数もアップする。」との事です。

慣用句?慣用句とは、「2つ以上の単語を使い特定の意味を表す言いまわし」です。例えば、「二度と約束を破らないようくぎを刺す」とか「絶対合格するよと太鼓判を押す」というように使います。

それでは、ここで慣用句”BEST5”を紹介しましょう。

この状況で結果を出すのは難しい→この状況で結果を出すのは至難の業

両者は激しく争った→両者は鎬(しのぎ)を削った

彼の活躍はいくらでも例が挙げられる→彼の活躍は枚挙にいとまがない

彼の失敗を悪い例として自分の行動を見直したい→彼の失敗を他山の石として自分の行動を見直したい

クリーンエネルギーの重要性はあらためて言うまでもない→クリーンエネルギーの重要性は言を俟(ま)たない

どうでしょうか?作文や小論文などで使ってみてはどうでしょうか?

6月に入りました。クラゼミでは夏期講習の申し込みが始まっています。二の足を踏んでる場合ではないですよ。先に手を打っておきましょう。

アーカイブ

page_top