小学生・中学生・高校生の一貫総合予備校、クラ・ゼミ。

クラゼミ
header_img_03

小学生・中学生・高校生の一貫総合予備校、クラ・ゼミ。

クラゼミ
sp_menu_btn

各校舎からのお知らせ

【札幌】大学生に聞きました!○○して合格しました!

新年度は新たな目標を設定したり… 勉強方法を変えてみたり… と様々なチャレンジをする絶好の機会です。そこで小中高のすべての生徒さんに参考となる例を紹介します。<高校受験>や<大学受験>を経験して現在、道内有名大学に通う現役大学生にアンケートした結果からの成功例です。(※クラ・ゼミで講師をしている北海道大学・札幌医科大学・他大学生からの回答です)

 

Q.志望校はいつ頃に決めましたか?

A. 高校受験では60%以上が[中3前期]でした。次いで中2、中3後期、

  小学生という順です。ただ、「早い時期に意識だけはしていて、

  内申確保しておいた方が有利になる」という意見が多かったです。

  大学受験ではバラつきがありました。高2>高3>高1>中3>小学と

  いう順でしたが、大学受験はかなり早くに意識した方がいいです。

 

Q.部活と勉強の両立は出来ていましたか?

A. 中学時代はほぼ8割以上が部活と両立していたようです。

  高校生になると[部活はしていなかった]が6割強を占めました。

  大学受験を目指すと部活との両立はやや難易度が高いようです。

 

Q.学習塾などに通っていましたか?

A. 中学時代はほぼ9割近くが塾か家庭教師をつけていたようです。

  一番多いのは学習塾です。

  高校時代でも8割近くがやはり塾か予備校に通っていたようです。

 

Q.どれくらい勉強していましたか?

A. 中学時代圧倒的に多いのは[1日1~2時間]です。次いで[2~3時間]

  [3時間以上]と塾に通っている人が多いため勉強時間もきちんと

  確保していますね。

  高校時代、特に大学受験前は[5時間以上]が一番多かったです。

  次いで[3~5時間]。高校1年時は少なかったけど高2から高3にか

  けて増えて、高3受験時は皆、かなり勉強したようです。

 

Q.勉強する上で重要と思われることは?

A. 1.勉強する環境や方法

   →やはり学習塾や予備校を挙げる人が多いようです。

    家や自分一人だと、どうしてもダレてしまったり、好きな科目に

    偏ったり、わからない箇所を放置したりする傾向がありますが、

    ライバル達と競い合う環境だと勉強意欲が高まり、集中力も高ま

    ると思われます。またわからない箇所はすぐに質問できるという

    環境の良さも大きなプラス要素のようです。勉強方法も自分だけ

    のやり方だけでなく、様々なやり方を試行錯誤して自分に合った

    やり方をいち早く見つけることが大事ですね。

 2.勉強時間

   →これは間違いないですね(笑)。やっぱり勉強量は必要です。

    ただし、ダラダラと長くやるよりも、1時間毎に休憩を取って、

    メリハリをつけた方が集中力が高まるようです。そういう意味

    では勉強の「質」が重要とも言えます。

 3.その他

  →使う問題集や、利用する模試も大事な要素です。中学生は入試に

   おいて内申点が重要なので当然「定期テスト」対策が大事ですが、

   大学入試においては内申点はない(現入試制度では)ので、高校

   生は校内定期テストよりも大学受験に向けた模試を重要視してい

   ます。模試にも様々種類がありますので興味関心のある高校生は

   クラ・ゼミ担当講師に相談してください。

 

※以上、2016年3月25日までの回答集計を元にしています

アーカイブ

page_top