小学生・中学生・高校生の一貫総合予備校、クラ・ゼミ。

クラゼミ
header_img_03

小学生・中学生・高校生の一貫総合予備校、クラ・ゼミ。

クラゼミ
sp_menu_btn

各校舎からのお知らせ

復習効果を倍増させるには「1人授業」が効果的

こんにちは、クラ・ゼミの個別指導部西部エリア担当の近藤です。私は試験勉強のときには、よく「1人授業」をしていました。 先生は、自分。 生徒も、自分です。 学んだことを、自分が先生になった気分で立って、声に出して説明をします。 もちろん自分の部屋でするのが、一番手っ取り早いでしょう。 私の場合は、リラックスできるお風呂場で、よく1人授業をしていました。 湯に浸かりながら声に出したり、頭や体を洗いながら、1人でぶつぶつ話したりします。 この1人授業の一番の効果は、積極的なアウトプットにより、復習効果が高いことです。 声に出して説明しようとすることは、いわばアウトプットです。 しっかりインプットができていなければ、できることではありません。 人は、学ぶ側より教える側に立ったほうが、いい勉強ができます。 先生のように歩きながら、ノートを見て、声に出し、耳で聞きます。 五感を徹底的に刺激して、復習します。 覚えたと思った自分の記憶が、いかに曖昧だったかが分かり、言葉に詰まります。 噛み砕いて分かりやすく説明するために、さらに頭を回転させます。 脳の別の分野を刺激することで、より幅広く脳を活用することになるので、記憶も忘れにくくなり、復習効果も高いです。 うまくアウトプットができるということは、しっかりインプットできている証拠です。 アウトプットをしながら、より記憶をたしかなものにして、復習もできます。 あなたが復習をするときには、一度自分が先生になったことを想定して「1人授業」をしてみましょう。 これをするかしないかで、勉強の効果は変わってきます。

アーカイブ

page_top