小学生・中学生・高校生の一貫総合予備校、クラ・ゼミ。

クラゼミ
header_img_03

小学生・中学生・高校生の一貫総合予備校、クラ・ゼミ。

クラゼミ
sp_menu_btn

各校舎からのお知らせ

静岡県 中1,2生 冬休みにやるべきこと

現在中学生の皆さんは、2学期期末テストに向けて全力で勉強に励んでいる頃と思います。

馬郡校の生徒も、先々週から徐々にスタートがかかり、先週は早くもテスト直前の様相で、教員共々、今回のテストに向けてのスタートの速さに圧倒されるばかりでした。

さて、中3生は、期末テストが終わった後すぐ、県の学力調査がありますが、中1,2生は次のテストまで期間がしばらく空いてしまいます。

中3生の皆さんは、県学調に向けすぐに切り替え全力で勉強をしていくことは当然のことではありますが、中1,2生の期末テストの後のテストに意識を向けられているでしょうか。

 

11/29に浜松市の学力調査もありますが、特に重要視してもらいたいのは1/9(木)に実施の県の学力調査です。

中3生になり、県学調の点数が進路指導において受験校を決定するための重要な資料になる一方、中1,2生の県学調の点数はあまり意識をされないのが現状ですが、

同一生徒の中3の第一回県学調の点数と中1,2の県学調の点数を比較すると、一般的に以下のようなことが言えます。

中1県学調>中2県学調≒中3県学調①

つまり、中1での県学調の点数が志望校のボーダーを下回っていると、以降の学年で苦労することは確定してしまいますし、

中2の県学調の点数も同様に志望校ボーダーを下回るようでは、中3になってから人並み以上の頑張りを要求されます。

ここで注意が必要なのは、中3の県学調①の前には夏休みもありますので、受験生のスタートとして、これまで経験してこなかった量の勉強をして、なお上記の結果に落ち着くということです。

 

学校の周りの友達が、県学調は「実力試験だから、対策をせず、ありのまま挑めばいい」と言っていることに流されてしまうと、中3になり苦しむのは自分です。

この冬休みにどれだけ踏ん張って、学調対策ができるのかが、中1,2生の勉強において重要なポイントになってきます。

 

「冬休み明けの県学調で何点を目標にすればいいか分からない。」

「そもそも県学調対策なんて、何をすればいいのか分からない。」

そんなお子さんがいらっしゃいましたら、是非クラ・ゼミの冬期講習へお越しください。

全てをお伝えさせていただきます。

 

無料冬期講習の募集が先週からスタートいたしました。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは コチラ から

 

アーカイブ

page_top